tsu(スー) & interior-blog

新SNS tsū(スー、すう)とインテリアのお話

tsū
in

facebookとtsūの比較

ちょっと早いですが

facebookとtsūの比較をしてみようと思います。

 

facebookは言うまでもありませんが

tsūは登場の時の「利益を得られるSNS」という言葉で

自分の発信する内容に価値があるということに気付かされ、

周りが色めき立って、ウォールも荒れに荒れていたものですが、

最近になって

「あれっ?思ったよりも利益が少ない!」と気付き、

ボルテージが一気に下がったような気がしています(^_^;)

 

それでも

利益を得るのがちょっと と過剰に心配して、参加をためらっている方も

多いと思いますが、心配することはありません!

tsū自体では稼げませんから!(^_^;)

 

*ですが

自分の投稿に価値が付くということは よく考えたら当然のこと。

今までが ただ利用されていただけかも知れません。

facebookの滞在時間を考えたら結構な時間だと思いますよ(^_^;)

 

周りの「稼ぐ」「稼ぐ」という言葉が多すぎて

「いやらしい」印象を与えていたと思いますが、

これは

アフィリエイター達が集中的に

自分のコンテンツを「tsūで稼ぐ」というキャッチで売り込んだ顛末に過ぎません。

 

つまり

少し前はfacebook、その前はアメブロ、またその前はtwitter

少し陰りが見えてくれば矛先を変えるということはどんな世界においても

常套手段ですから、

むしろアフィリエイター達の「機を見るに敏」な姿勢には学ぶ必要が

あると思っています。

 

「我が社はfacebookページを作りました!」と打ち出しても

効果のほどは???ですよね(^_^;)

 

話は逸れましたが

では私なりに比較してみたいと思います。

 

facebook

投稿の質は相変わらずプライベートな内容が多いのに対し

tsūはアフィリ関連の転載の割合が多い。(いずれは縮小)

 

それと

facebookの「いいね!」は儀礼的なのに対し

tsūは「シェア」も含め「Like」を積極的に押す傾向がある。

*これはtsūの仕組みに大いに関係があり、それゆえ

良いコンテンツに対しては

facebookよりtsūのほうが断然広がりやすいと言えそう。

 

そして

何よりもtsūの最大の利点は

facebookへの同時投稿の仕組みです。

 

これにより

今までは

ブログ作成→facebookでシェア

だったのが

ブログ作成→tsūでシェア(=facebbokへ同時投稿)

となっていくのは必然と言えます。

 

いずれにしても

無防備な投稿が目立つfacebook

ノウハウ記事が目立つtsūは魅力的には映りません。

 

今後はやはり

各々の得意な分野の

魅力あるコンテンツを流すことが最重要であることは

間違いがありません(^-^)

 

 

検索

f:id:k-design:20141216105321j:plain

 

 

tsū(スー)の登録はこちら

 

 

 

 

ページトップへ戻る